南洲館近くの歴史ものがたり

南洲館のある地域の成り立ちや歴史ものがたり

現在の鹿児島市が、南九州の中心都市としての位置付けを確立したのは江戸時代に入ってからのことです。
それは、島津18代家久による鹿児島(鶴丸)城の築城に伴う城下町の整備に起因します。
徳川幕府の命により、ひとつの国にはひとつの城と定めた「一国一城令」によって、
島津氏もそれまで居城としていた内城(鹿児島市大竜町)からの移転を検討し、城山の麓に城と武家屋敷などを建設、拡充することになります。
城下町を南へと広げることで、それまで河川沿いの平野であった地域が、大きく変貌していくことになります。
ちなみに南洲館周辺は、江戸時代よりさらに古い平安末期の頃、河口付近であったと考えられています。
その証拠となる史跡として、南洲館から山形屋デパート方面に向かう途中に「俊寛堀の碑」があります。
俊寛とは、平清盛が隆盛を誇った頃に、その転覆を京で計画。
そのことが清盛に知れて、鬼界島(現在の硫黄島)への配流が命じられた人物です。
この石碑のあたりが、島へと船出のするための港としての河口があった場所とされています。
しかし、時代が経ることによって上流から供給される土砂が堆積し流路が変化したため、現在では当時の様子など想像することもできません。
この河口も城下町の形成に妨げになるとして、流路が変更され、江戸時代の初期には現在の市街地を流れる甲突川が誕生しました。
また、河川の一部は堀として城下町に残り、それが俊寛堀の名前の由来となったのです。

さて、城下町の整備に伴い、鹿児島(鶴丸)城の周辺には藩政によって大切な役所や上級武士の屋敷が配置されました。
南洲館のある区画には、御客屋と呼ばれる他地域からの大切なお客が訪れた際に宿泊する施設がありました。
また隣接地には、評定所という裁判所の機能を有する施設や御着屋という藩庁で使用する米や味噌、酢などを貯蓄する建物もありました。
御着屋交番の名前は、この建物の名前に由来すると考えられます。

このように南洲館の周辺には、江戸時代を通じて、上級武士の屋敷のみならず様々な施設や建物が次々と建設されました。さらに中央公園の場所には、藩校の造士館、その隣には武芸を研鑽する演武館や医術の学校である医学院。また、独自の暦の制作のために天文観測を行うための施設として明時館も現在の天文館アーケード沿いに誕生しました。この施設が南九州最大の繁華街である天文館の名前の由来となりました。このように江戸時代のまちづくりは、現在のまちづくりにも大きく影響しているということになります。

こうした街並みも明治10(1877)年に発生した西南戦争によって焼失され、当時の面影は地名やわずかに残る史跡などでしかたどることができません。

その西南戦争後に、南洲館周辺は大きく変化します。まず、東隣には西本願寺別院が明治11(1878)年に誕生しました。
それに伴い、参拝者が多く訪れるようになり、門前町として問屋や飲食店が多数登場しました。鹿児島市街地の繁華街のさきがけとなった繁栄ぶりでした。

このように、時代とともに役割や位置付けを大きく変化しながら発展した街並みを南洲館を起点にして楽しんではいかがでしょうか。